P9245909
私たちの住んでいる村は、主人の親戚一族密度の大変高い村で、いたるところ
に親戚が住んでいる。まぁ、私たちもその密度の濃い~い村に住んでいるんで
すが・・・
長男Takumiが小さい時は、顔を合わすとみんなに可愛がられ・・・
その中でも特に可愛がってもらってた建材屋のおっちゃんに、その昔敬老の日
に送った1枚のハンカチが出てきたそうな。

 

P9245911
2歳くらいの時かな~
おっちゃんの似顔絵を描いたハンカチ(似顔絵とは言い難いが(笑))のようです。

P9245912
かたつむり?私の注釈が無ければ、絶対わからない絵。ですが、おっちゃんには
とてもうれしかったようで、あれからかれこれ15年?大事に持ってくれていたよう
です。今年になって天国へ旅立ちましたが、奥さんであるおばちゃんが、懐かし
そ~に見せてくれました。いつも大事にズボンのポケットに入れていたとの事。
めちゃめちゃきれいに使ってくれていて、ビックリしました。
「これからも、大事におちゃんの物と一緒に置いとくわ」と・・・
残念ながらTakumi本人は、まったく覚えていないとの事・・・(>_<)

やっぱり田舎はいいですね♪やっぱり時代は変わっても人のつながりは大事です。